買取店の商品の値段を見ながら

買取店の商品の値段を見ながら

出張買取もありますし、店舗があっても、そこでは買取しかせず、販売をしないところもあります。
私も両方の階取店に行ってみましたが、商品が置いてある時は、それを隅から隅まで見ておきます。しっかりその時は何があり、どのくらいの値段がついているかをチェックしておくわけです。

 

その値段から買取の価格を逆算します。あまり自慢ができるものではありませんが、だいたい元の値段がいくらで、買取店はいくらで買い取り、いくらで販売するか、慣れてくるとこの計算ができるようになります。
私も実際、買った金額がわからない物もあります。わかっていても値段がどこにも書かれていないために信じられない買取価格になることもあります。これは良くも悪くもです。

 

また、需要がないとの考え方で、2万円もする墨が5円になることもあるのです。物の価値はどこで決めるのか、疑問を感じる瞬間です。
必要がなかったら買う人もいないから、売れない物は買わないという理論ですから何も間違ってはいません。

 

今は、キャラクターものでも、よほどビンテージものとかでなければ、量産品であればなおの事、高価買取はなさそうです。どちらにしても、高価な買い取をしてもらえる物は、ブランド系で新しい物です。


このページの先頭へ戻る